“痛み”は悪いもの?

こんにちは(^^)

たった3分で首をフニャフニャにする専門家カイロオフィスあしたかの芦高英行です。
 
さて、みなさんは“痛み”に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
 
患者さんからよくお聞きするのは、
「痛くて、“ツラい”‥」や、「痛くて“しんどい”‥」など、ネガティブな言葉。
確かに、痛みがあるために思うように動けないのはツラいですし、痛みがある状態というのは、気分も落ち込みがちで、しんどいですよね。
 
しかし、この“痛み”という感覚は、体からのSOSなのです! 
「痛いのに、これ以上動かしたらもっと悪くなっちゃうΣ(゚Д゚) もうこれ以上、ムリしないで!」
と、体が教えてくれているのです。
 
「痛いのを我慢して、放っておいて、しばらくしたら治ってた(・o・)」、という経験がある方、これは根本的には治っていません。“痛み”があまりに続いてしまっているので、麻痺が始まっているのです。麻痺した状態にまでなってしまうと、根本的に治すには時間がかかってしまいます。
また、筋肉や関節だけでなく、内臓など体の中の方にまで悪影響が及んでいる可能性があります。特に、女性の場合は、痛みを放置していると、それがもとで体形が崩れたり、むくみがでたり、美容の面でも悪影響が出ることがあります。
 
“痛み”を感じることができる、というのは正常な状態なのです。我慢するより、まずは“痛み”に対する考え方を変えてみましょう!
 
“痛み”が出ているということは、何か間違った生活習慣をしてしまっているのかも知れません。例えば、スマホやノートパソコンの画面を長時間見たあとに、首や肩が痛くなるのであれば、その時の姿勢がどうか、思い出してみましょう。下向きがちな姿勢は、首のわん曲がなくなって、ストレートネックになってしまいます。スマホを見る時は、目の高さに画面を持ってくる、ノートパソコンからデスクトップタイプに変えてみる、など、痛みの原因になる習慣を改善しましょう。習慣を変えることで、痛みの原因から遠ざかることができます。
 
では、このテーマのまとめです。
 
痛みは、体からの赤信号!痛み止めなどの対処療法でごまかしていると事故します!
 
赤信号を無視し続けていると、いつか事故に遭うでしょう。赤信号ではきちんと止まる。それと同じで、“痛み”という体からの赤信号できちんと止まり、なぜ赤信号が出ているのか、見つめ直してみてください。そうすることで、痛みの根本治療へとつながっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です