カイロプラクティックの施術のイメージは?

こんにちは。たった3分で首をフニャフニャにする専門家カイロオフィスあしたか芦高英行です。

 
カイロプラクティックを受けたことのない方! カイロプラクティックの施術に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
 
このように聞くと、
「骨をパキポキ鳴らされると思う‥」
「痛そう‥」「なんか、怖そう‥」
といったお答えがよくあります。骨がパキポキ鳴ったら、折れるんじゃないか?と連想される方もいらっしゃるようですが、折れたら大変です!
 
カイロプラクティックの施術の際、骨がパキポキという音が聞こえることは確かにあります。しかし、必ずしも音が出るわけではないですし、施術を受ける方が不安にならないよう昨今では音が出にくい技術を心がけるなど、カイロプラクターも工夫しています。
 
あの音は、骨そのものが鳴っているわけではありません。
骨をつなぐ(関節)部分には、わずかなすき間があります。このすき間のなかに関節の動きを滑らかにする「関節液」と呼ばれている液体があります。関節に物理的な力が加わった時に、関節液の圧力が低下し、ガスが発生します。「ポキ」っと音が鳴るのは施術を行うことで関節液中に発生したガスに刺激が与えられます。そのガスが弾けるときの音が「パキ」っと聞こえることがあるのです。
関節の中で音が鳴ったことで骨そのものに影響がある、というわけではありません。
 
この、音が鳴った、鳴らないは施術の良し悪しに全く影響ありません。
一例ですが、不調だなぁと思われるのは、関節などの動きが固くなり、その可動領域が狭まっていたりして、それが痛みへつながっていたりします。施術することで、関節の動きが良くなり可動領域を広げてあげるのがカイロプラクターの施術です。関節の中の関節液に圧がかかって音が鳴る場合があるということであり、骨そのものが鳴ったり折れたりするわけではないのでご安心ください。
 
「なんとなく怖い」といった不安を感じながら施術を受けていただく必要はありませんので、「初めてだから、怖いです」など、疑問に思うことはぜひご相談ください。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です